交通事故 弁護士への相談すべき理由

事故にあってしまった場合、ほとんどの人がどうすればいいか分らないでしょう。
初めての事なので当然でしょう。

そんな時あなたならどこに相談しますか?
いきなり弁護士に相談となる前に、まず保険会社に連絡して相談、なんて人が多いのではないでしょうか?

しかし実は悪手、この場合治療費や休業保証を払ってくれるのは加害者側の保険会社となることが多く、また保険会社の見積もる賠償金は必要最低限額であることが大半なのです。

保険会社が味方になってくれない理由

保険会社は「営利企業」であるため、利益をあげなければ潰れてしまいます。そのため、契約者から多くの保険料を払ってもらうだけでなく、「保険会社が被害者に支払うお金を少なく」したいと考えています。

そのためケガの治療費や慰謝料は、「加害者の保険会社」が払ってくれるものの、加害者の保険会社は決して被害者の味方にはなってくれません。

「支払うお金」を少なくすればそれだけ保険会社は会社の利益につながるため、当然示談においてもそのように交渉してきます。被害者が加害者側の保険会社に相談しても、被害者に有利な条件で話を進めることはまずありえないのです。

また「被害者が加入する保険会社」に相談する場合も残念ながら、被害者の保険会社であっても、相談相手には適していません。

なぜなら、保険会社は「保険が適用できるかどうか」を判断するだけで、示談の内容(過失割合や慰謝料額など)の相談には乗ってくれないからです

弁護士に相談すべき理由

この時に弁護士に相談すべき理由は「弁護士と被害者は利害が一致している」点にあります。

被害者は示談交渉が成立しなければ、治療費はもちろん休業損害や慰謝料を貰えることはできません。

訴訟を起こすという手もありますが、それであればなおのこと「法律や保険の知識を持った専門家」の助けが必要となるでしょう。
治療費や慰謝料の額は、法律や判例によって定められているからです。

そのため熟知し、保険会社と対等に交渉でき、かつ被害者の味方になってくれる弁護士以外に適切な相談相手はいません。

弁護士のメリットが被害者が獲得した「賠償金の一部」を報酬として受け取ります。
つまり、弁護士は被害者が得をすれば得をし、被害者が損をすれば同じように損をすることになります。

このように「利害が一致」しているので、弁護者は被害者の味方として全力で交渉にあたってくれるのです。

弁護士に相談するメリット

基本的に加害者側の保険会社は「自賠責保険基準(最も低い賠償基準)」で算出した賠償金を提示してくるため保険会社に相談した場合損をしてしまうことでしょう。

しかし、弁護士が被害者に代わり示談にあたることで、最も高額な賠償金が望める「裁判基準(弁護士基準)」を採用することができ、自賠責保険基準や任意保険基準と比較すると、受け取れる金額に2倍、3倍の額に膨れるのです。

交通事故のケガや後遺症に苦しむ被害者を救済するには、何より「金銭的な補償」が最も大切。
交通事故示談における弁護士の最大のミッションは、賠償金を増額する事といえるでしょう。

また交通事故に強い弁護士なら、「過失割合交渉」「後遺障害認定サポート」「休業損害・慰謝料の算定」など、被害者に有利な条件で示談を成立させてくれるでしょう。

如何でしたでしょうか。
交通事故、起きてしまった際にまずは保険会社ではなく、いったん考えて相談先を変えてみることができれば適切な対応を受けることが分って頂けたでしょうか、もしもの時だからこそ、自分の味方はしっかり知っておきましょう。