実は知らない 交通事故での慰謝料とは?

交通事故で慰謝料が請求できる場合とできない場合があるのを御存じですか?

交通事故に遭ったら、当たり前のように「慰謝料」請求ができると考えている方が多いですが、実は交通事故は必ず慰謝料請求できるとは限りません。

慰謝料ができるのは、基本的に人身事故のみなのです。

事故を起こしても車が壊れただけ、けが人がいない「物損事故」の場合、基本的に慰謝料請求はできません。

また交通事故で発生する損害は「慰謝料」だけで無い事も押さえておきましょう。怪我をしたら治療費や通院交通費、休業損害、逸失利益などのいろいろな損害が発生しますよね、慰謝料はこれらとは別の精神的損害なので交通事故の示談の際には、慰謝料を含んだ「損害賠償金」という形で請求できます。

慰謝料とは何か?

では交通事故の際に請求できる「慰謝料」とは何をさしているでしょう?
それは【事故による精神的苦痛】に対して、ということを指しています。

だからこそ「物損事故」には慰謝料は発生しないのです。
人身事故に遭って被害者は怪我をしたり死ぬ思いをしたり、恐怖や苦痛、不安を感じ、多大な精神的苦痛を受けます。
そこで、その精神的なショックを慰めるための賠償金として、慰謝料が必要となるのです。

死亡事故の場合「被害者が即死したら精神的苦痛を受ける時間がないのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、被害者は死亡の瞬間に強い精神的苦痛を受けて慰謝料が発生し、それがそのまま相続人に相続されると考えられており、請求権が無くなることはありません。

交通事故による慰謝料の種類

被害者が受ける精神的苦痛に対して発生する慰謝料ですが具体的に3種類で分けられています。

  • 後遺障害慰謝料
  • 入通院慰謝料
  • 死亡慰謝料

それぞれ詳しく見ていきましょう。

入通院慰謝料

入通院慰謝料は交通事故によって負傷したときに認められる慰謝料です。
また入通院治療を受けた際に入院期間の長さに応じて支払われるので「入通院慰謝料」といい、怪我をすると認められるので傷害慰謝料とも呼ばれます。

入通院慰謝料は、基本的に被害者が受傷すれば発生するもので、後遺障害が残らなくても支払ってもらえます。

注意点としては、判定が入院治療や通院治療を受けた場合に限られており、受傷しても病院に行かなかったら支払いを受けることができません。

また入通院した期間の分を計算されるので、治療期間が長いケースの方が高額になります。入院と通院を比べると、入院した人の方が重傷と考えられるので、同じ治療期間であれば、通院期間より入院期間の方が、慰謝料は高額になります。

死亡慰謝料

事故で被害者が死亡したときに支払われる慰謝料です。
被害者に家族がいて被害者が大黒柱だあったケースでは、被害者の死亡によって家族も大きな精神的苦痛や経済的損害を受けるので、死亡慰謝料は高額になる傾向にあります。
大まかな損害額が下記の通りです。

世帯主、大黒柱が被害者の場合
→1,500~2,000万円
65歳以上の高齢者が被害者の場合
→1,100~1,400万円
18未満、未就労が被害者の場合
→1,200~1,600万円
配偶者が被害者の場合
→1,300~1,600万円

後遺障害慰謝料

交通事故によって「後遺障害」が残ったと認められた際に支払われる慰謝料です。後遺症の基準は交通事故後治療を受けても完治せず、そのことについて正式に「後遺障害認定」を受けた場合の身体や精神の障害です。

後遺障害が残ると被害者は一生その症状を抱えて生きて行かないといけません、この場合は多大な精神的苦痛を考慮され、入通院慰謝料とは別に「後遺障害慰謝料」が支払われます。

交通事故の後遺障害と言ってもさまざまですから、後遺障害慰謝料の金額は、残った後遺障害の内容によって大きく異なります。当然重い症状が残った場合に慰謝料の金額も高額になります

如何でしたでしょうか、交通事故で慰謝料、と一口に言ってもさまざまな状況を考慮され金額がきまって来るのです。
もちろんこれだけで分るものではないので、もし詳しく知る必要があるのであれば弁護士の相談窓口に聞いてみるのも一つの手段ではないでしょうか。