交通事故 3つの慰謝料の基準

交通事故により発生した慰謝料はどのようにして計算されているのか、知っていますか?
実は交通事故の慰謝料は計算基準が3種類があり、どの計算方法を採用するかで慰謝料の金額が異なってきます。
どのような基準があるのか見ていきましょう。

交通事故 知られていない3つの判断基準

  • 自賠責保険の基準
  • 任意保険の基準
  • 弁護士の基準

慰謝料や賠償金が発生する際にこの基準によって金額が大きく変わっていきます。
一つずつ見ていきましょう。

自賠責保険の基準

自賠責保険とは自動車損害賠償責任保険の略です。
自動車損害賠償保障法に基づいて、自動車を運転するには必ず自賠責保険に加入した車両を運転しなければなりません。
いわゆる強制加入保険と言われるもので、通常は車検時に自賠責保険の費用を車検代とあわせて支払っていると思います。

被害者に対して最低限度の補償を目的としているため、3つの基準の中で最も低い基準になります。

任意保険の基準

任意保険基準とは、交通事故の損害を算定する際の基準の一つであり、各保険会社が独自に定めたものです。
一般にいう「自動車保険」とはこちらの任意保険を想像される方が多いのではないでしょうか。

慰謝料は、交通事故に遭ってしまった被害者の方に対して、加害者が加入している保険会社側から支払われるものですが、その算出の際に用いられます。

しかしその算定基準が公表されていないことがほとんどで、自賠責基準と似たような額になるのが通常であり、裁判所基準に比べると低額であることが多いです。

弁護士の基準

弁護士基準とは、判例の積み重ねを元に導き出された裁判所の考え方を参考に作られたもので、裁判による決着を前提とした基準です。

弁護士が入って交渉することによって実際に裁判も辞さない姿勢で裁判例に基づいた損害賠償金額で交渉する為、事案にもよりますが、保険会社提示の金額の4~5倍以上で示談できるケースもあります。

基本的には、3つの基準の中で最も高額になります。

3つの基準を踏まえて

上記の内容を見て知ってほしいことは、自賠責保険基準と任意保険基準は被害者に保証れている法的な権利としての慰謝料の金額と比べると、かなり低くなっているという事です。

事故が起きた際にまずどこに相談するか?パッと浮かんでくるのがとりあえずで保険会社だ、となる方が多く、自賠責保険基準や任意保険から提示された慰謝料の金額で納得してしまう事例が本当に多く存在します。
しかしこの場合被害者は大半が損をしています、なぜなら賠償基準が最低ラインで計算されているからです。

本来であれば慰謝料は事務的に判断される事ではなく、事情や状況を踏まえて判断されるものです。

だからこそ交通事故で被害を被り、苦痛を伴う怪我をしたら、きちんと慰謝料を支払ってもらうべきなのです。
まして後遺障害が残るほどのケガを負った場合には、今後の生活を考え請求できる額は請求しておきたいところ。

保険基準だけでは正当な金額がもらえないのであれば、弁護士に依頼をする事で慰謝料の額が大きく増額できるなら、弁護士への依頼を検討することをおススメします。”